インストラクター

インストラクター

三宅 康幸(YASUYUKI MIYAKE)
​ブラジリアン柔術 黒帯【柔術歴15年】講道館柔道 参段

​主な戦歴
2005 全日本選手権 青帯3位
2005 コパ・アミサデ アダルト青帯3位
2006 コパ・デュマウ マスター青帯2位
2006 GI関西 アダルト青帯優勝
2008 パン選手権(ロサンゼルス)紫帯3位
2009 全日本マスター&シニア 紫帯優勝
2012 全日本マスター&シニア 茶帯優勝

1993年アメリカでUFCという何でもありの格闘技大会があり、そこで細身で柔道着を着たホイスグレイシーの戦いに衝撃を受けました。すべてはそこから始まりました。今まで柔道家は到底敵うはずがないと思っていた空手家やキックボクサー、ボクサーを次々と倒して・・・。しかも何よりも驚いたのが、自分も知っている一度は見たことがる技を駆使して相手を倒したこと。それもそのはず。グレイシー柔術を作ったのが世界に柔道を広めようと海外に渡った日本人・前田光世で、柔道の強さを見せつけるために他流試合で実戦としての柔道を追求できたのがグレイシー柔術だったからです。

「よくぞ地球の裏側で大切なものを守ってくれました」という思いで一杯でした。

私は当時、柔道をやっていました。しかし大学4年の時に膝を壊してしまい、柔道は諦め普通に就職し格闘技とは無縁の生活を続け、普通のサラリーマンとしての生活を送っていました。仕事にも慣れ結婚もし、30歳を迎えた時にふっと心に穴を感じました。

「このまま人生を終わらせたくない」

その時思い出したのが柔術でした。すぐにインタ-ネットで調べ入門しました。白帯、青帯のころは柔道の貯金で何とか勝てましたが柔術は思いのほか難しく、苦労はしたものの何とか黒帯にまでなることができました。柔術ができたおかげで私は救われたと思います。仕事でつまずいた時、いろんな困難に見舞われた時、いつも柔術が考え方のヒントをくれました。

今の私にとって柔術は生活の一部であり、人生そのものであると思います。

柔術クラス インストラクター

伊達雄裕(TAKAHIRO DATE)

インストラクター

宇賀洋起(HIROKI UGA)

インストラクター

廣瀬尚良(NAOYOSHI HIROSE)

KIXボクササイズ インストラクター

インストラクター

Ivar Alex Svanberg
KIXボクササイズクラス担当のMMAファイター。日本語も英語が堪能なスウェーデン人インストラクター。

更新日:

Copyright© トライフォース関空 , 2018 All Rights Reserved.